Activities

以下の活動を継続的に⾏っていく。特にAI 技術の進化速度の速さを鑑みて、4)は年次程度の頻度で更新していく。また1)〜3)および5)〜6)の活動は⽉次程度で進めていく。

  1. AI プロダクトの品質保証技術の調査・体系化
  2. AI プロダクトの品質保証技術の適⽤⽀援・応⽤例の収集
  3. AI プロダクトの品質保証技術の研究開発の促進
  4. AI プロダクトの品質保証レベルの策定と、各レベルに必要とされる技術の対応付け
  5. AI プロダクトの開発・提供組織による4)の⾃⼰宣⾔の⽅法の策定
  6. 社会への4)、5)の提⽰と啓発